So-net無料ブログ作成
検索選択

自分にとっての標準画角 [Photo Archives]

a lotus
GR DIGITAL

10/28 の「GR DIGITAL のワイドコンバージョンレンズ」のコメントにおける PhotoManiacs さんとのやりとりでの話題なのですが、GR DIGITAL がきてからほぼ毎日 GR DIGITAL で撮影しているので、頭の中では 28mm が標準画角になっています。

もともと広角の方が好きで、*ist DS でも DA 16-45mm F4 ED AL(35mm 換算で 24.5 〜 69mm)が自分の標準レンズになっていました。
数年前のムック本に、フィルムの世界では、今までは 28mm からのズームだったが、これからは 24mm からのズームが標準になるという記事が掲載されていました。デジタルは広角側に不利なので、標準ズーム(いわゆるキットレンズ)はまだ 18mm(35mm 換算で 28mm あたり)が一般的ですね。もっと広角よりになるのでしょうか。そう考えると、DA 16-45mm F4 ED AL はかなり広角側で頑張っているほうだと思います。

画角だけで見ると、DA 16-45mm F4 ED AL のほうが GR DIGITAL より広いです。が、GR DIGITAL を買ってから、常に持ち歩いて気になったものをどんどん撮影する方が自分のスタイルに合っていることに気がつきました。そうするとコンパクトカメラがいいのですが、コンパクトでかつ GR DIGITAL の 28mm より広角がほしくなるわけで・・・GR21 なんて最高ですね。今ほしいカメラ No.1 です。が、中古でもまだまだ高価で、今は手が出せません。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

HummingBird

これは艶のあるモノクロですね。
画角以前にまずGRのレンズは湾曲を丁寧に補正された大変素晴らしいレンズというのがありますよね。
残念ながらドラマチックな周辺光量落ちはデジタルになってなくなりましたが、モノクロの世界では特にGR1vやGR21というカメラは一眼レフの広角では表現できないような独特な表現世界を描き出してくれます。
もう、理屈などありません。ただGRが好きなんですよね。
あっ、そうそう!
GR-Dには銀塩に出来ないマクロ撮影がありました!
21mmでマクロ撮影、贅沢ですねw
by HummingBird (2006-10-31 18:10) 

bluemagic

PhotoManiacs さん、ありがとうございます!
私の目指す方向の先の先を行ってる方からそういわれるとうれしいです。
コメントやブログの方からいろいろと吸収しようと思っています。笑
今後ともよろしくお願いします。

GR レンズの良さは銀塩の頃からとても評判がいいですよね。
周辺減光は私も好きです。どちらかというとあってほしいです。GR DIGITAL はおそらく CCD の大きさのためだと思いますが、まったくないですよね。寂しいです。

やっぱりフィルムから入っている人にはかなわないなぁと思います。決してデジタルを否定する訳ではないです。実際私はほとんどデジタルです。
でも、人と人の間でなにかのやり取りがある場合(写真の場合、撮影し、その結果を人が見ることによって起こる、撮影者と鑑賞者のやり取り)、その根本には「アナログであること」が必要と思っています。
デジタルでも最終的にプリントすればアナログに落とし込むことは出来ますが、撮影からプリントまで、さかのぼって撮影するための思考からしてアナログなフィルム撮影では、伝わる情報量が違うように思います。
PhotoManiacs さんのおっしゃる通り、マクロなどデジタルはデジタルで優れている点はありますし、アートにならないかというと、そうではないと思いますが。
まだうまく整理出来てないのですが、長々と書いてしまいすみません。この件はいずれ記事にしたいと思っています。
by bluemagic (2006-10-31 22:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。